本文へスキップ

お問い合わせはTEL.0982-20-8900

〒882-0056 宮崎県延岡市岡富町125番地

眼の病気eye diseases & FAQ

糖尿病網膜症(とうにょうびょうもうまくしょう)

 糖尿病患者は現在全国で500万人以上いると言われ、その数は今なお急増しています。糖尿病は発病初期にはほとんど自覚症状がないため軽視されがちです。
 目の奥には、網膜というカメラのフィルムにあたる重要な膜があり、ここに多くの毛細血管が分布しています。糖尿病では徐々に目の血管が弱ってくることがあります。障害は眼の中の網膜という神経の膜の周辺部から出てきます。中心の視力をささえる神経は後から障害されるため、自分ではまったく網膜症の出現に気付かないことが多いのです。自分でかすみを強く感じ始める頃にはすでに手遅れになることがあるため、特にかすみがなくても、眼科検査は大変重要です。
 血糖値が改善してきても眼だけは悪化してゆく人もいます。ぜひ、定期検査を受けて糖尿病に眼が負けないように用心して頂きたいと思います。

  分類 自覚症状 治療方法
注意 単純網膜症 全くない 内科的な血糖のコントロールが治療の第一です。それとともに止血剤や血管拡張剤などの内服薬を投与して、経過観察を行います。
やや危険 前増殖網膜症 ほとんどない 新生血管の発生を防ぐために『レーザー光凝固術』を行います。この時期を逃さないことが、治療のポイントとなります。レーザー光凝固は入院せずに外来でできます。
危険 増殖網膜症 軽度から高度の視力低下、時に失明 ここまで進行すると光凝固法での治療は難しく、外科的な硝子体手術が行われます。硝子体の濁りや網膜剥離は60%〜70%が治りますが、完全な視力の回復は難しいのが現状です。


Ozaki Eye Hospital Nobeoka尾ア眼科

〒882-0056
宮崎県延岡市岡富町125番地
TEL 0982-20-8900