本文へスキップ

お問い合わせはTEL.0982-20-8900

〒882-0056 宮崎県延岡市岡富町125番地

眼の病気eye diseases & FAQ

眼瞼けいれん(まぶたけいれん)

眼瞼けいれん
 まぶたを閉じる筋肉が勝手に収縮してしまい、目を開けていられなくなる病気です。顔の両側に出てくることが特徴です。
 症状は、強い光やストレスにより悪化されると言われています。放っておいて自然に治癒する病気ではなく、日常生活や仕事に支障をきたします。眼瞼けいれんは中高齢の女性に多いと言われていますが、30代で発症される方もいます。
原因 ジストニアと呼ばれる疾患の一つですが、はっきりとした原因はわかっていません。
症状 【初期症状】
両目共にゆっくりとした瞬きが多くなる。眩しい。目がしょぼしょぼする。
※ゆっくりとした瞬きが1分間に20回以上の方、とくに1回の瞬きで目を閉じている時間が1秒間以上の方は注意が必要です。

【進行すると】
ゆっくりとした瞬きが著しく増え、次第にまぶたを閉じている状態が長くなる。
重症になると、ほとんどまぶたを閉じた状態になり、手を使わないと目を開けられなくなります。


片側顔面けいれん
 顔の筋肉は小さな筋肉の集まりで、それぞれの動きの組み合わせで微妙な表情がつくられます。片側顔面けいれんは、それらの筋肉が自分の意思に関係なくけいれんする病気です。
原因 顔の筋肉を支配している顔面神経に、その脇を走る血管がさわり圧迫することが片側顔面けいれんの原因です。顔面神経は左右顔にそれぞれ離れて走行しているため、けいれんは通常、顔の片側だけに起こりますが、まれに両眼におこることもあります。
症状 【初期症状】
片側のまぶた、頬、口の端などがピクピクとけいれんする。

【進行すると】
けいれんが顔の片側全体に広がり、頻度も多くなる。けいれん中は顔が引きつり、ゆがんだような感じになる。

けいれんの治療法
 生活に不都合がないように症状をおさえる対症療法としてA型ボツリヌス(BTX)療法があります。
 A型ボツリヌス(BTX)とは?
 ボツリヌス菌がつくりだすボツリヌス毒素を主成分としています。ボツリヌス菌は食中毒の原因として知られていますが、ごく微量の毒素はけいれんを生じさせている神経の働きをおさえます。それによって、けいれんを起こしている筋肉をゆるめ、けいれんの症状をおさえます。
 治療は、けいれんをおこしている顔の筋肉の数箇所に注射を行います。

Ozaki Eye Hospital Nobeoka尾ア眼科

〒882-0056
宮崎県延岡市岡富町125番地
TEL 0982-20-8900