本文へスキップ

お問い合わせはTEL.0982-20-8900

〒882-0056 宮崎県延岡市岡富町125番地

眼の病気eye diseases & FAQ

弱視(じゃくし)

 生まれて間もない赤ちゃんも、およそ0.02の視力を持っています。
視力は、生まれて間もない時期から「物を見る」ことによって少しずつ伸びていき、8歳ころまで成長が著しく、ゆっくりと大人の眼になっていきます。

弱視って何?
視力が最も成長する期間に、さまざまな原因によってピントが合わない状態で見ていると、視力が順調に伸びていかず、途中で足踏みをしていることがあります。この状態を弱視と呼んでいます。
検査時に最適な度数の眼鏡をかけても視力が十分に出ない状態です。
弱視の原因としては、強い遠視や乱視が片眼または両眼にある場合、片方の眼の視線がずれる(斜視)がある場合、病気やけがなどによって見ることが長期間妨げられた場合などが挙げられます。

治療法はどんなことをするの?
弱視の治療法は、原因によってさまざまですが、共通して大切なことは、早期に発見し、最も成長する時期に治療を行うということです。
子供の治療は、見ることによって成長していきます。強い遠視や乱視が原因になっている場合には、いつもぼんやりとした状態で物を見ているため、メガネをかけることでピントのあったきれいな映像を見せてあげることが大切です。

Ozaki Eye Hospital Nobeoka尾ア眼科

〒882-0056
宮崎県延岡市岡富町125番地
TEL 0982-20-8900